次世代育成行動計画

社会福祉法人 芳香会 行動計画

芳香会職員が仕事と子育てを両立させることができ、働きやすい環境づくりを行うことによってすべての職員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間

平成30年4月1日~平成33年3月31日までの3年間

2.内容

目標1:計画期間内に、育児休業の取得率を次の水準以上にする。
    男性職員:取得率を7%以上にすること
    女性職員:取得率を90%以上にすること

<対策>

●毎年4月

  • ①男性も育児休業を取得できることを周知するため、管理者、幹部職員を通して、職員会議等で情報を提供する。
  • ②事業所内にポスター等を掲示する。
  • ③対象職員を把握した場合は、個別に制度の説明をする。

●毎年2月

  • ①制度の利用状況ついて現状を把握する。
  • ②問題点や改善点の有無について、社内会議で検討する。

目標2:年次有給休暇の取得日数を、一人当たり平均年間10日以上とする。

<対策>

●毎年 10月 有給休暇取得状況をとりまとめる。
●毎年 11月 社内広報誌やポスターなどで有給休暇取得促進キャンペーンを行う。

目標3:平成33年3月までに、個々の年間の月平均所定外労働時間を、15時間未満とする。

<対策>

●毎年4月

  • ①所定外労働時間削減のため、管理者、幹部職員を通して、職員会議等で周知、意識づけする。
  • ②事業所内にポスター等を掲示する。

●毎年10月

  • ①所定外労働時間の現状をとりまとめる。
  • ②問題点や改善点の有無について、社内会議で検討する。